晴れの日と水曜日は

やっと雨が上がり、寒いくらいに涼しくて、少しだけ時間と気持ちに余裕があった水曜日の午後、愛車で立川近辺巡りをしてきました。

 

いつも使う自転車置き場はこのすぐ近くのデパートの地下…


あれ?一昨日、ここに来た気がする…


野口五郎さん単独でのディナーショーには初参加でしたが、五郎さんの歌の上手さとトークの面白さに圧倒されっぱなしの2ステージでした。楽しかったです、ホント!!
でも、普段は家から都心の現場まで2時間はみて行動している私にとって、家から現場までが近すぎるのは怖いですね。麻布に住んでいるドラマーが、全日空ホテルでのディナーショーに行くような距離感が心にスキを生み……、とりあえず衣装を玄関に忘れてきました(汗)。でも、空き時間に余裕で取りに戻れました。本当はかなりNGなことですけど、今回は結果オーライとさせてください。

 

そして、まずはビックカメラに行き、ちょっと面倒な手続きに1時間半。疲れます、こういうの。グッタリ。でも、ずっとモヤモヤしていた件なのでスッキリ。

 

すっかり日も暮れてしまった上に小腹も空いたので、行きつけのホットドッグ店(IKEAとも言う)にフラリ。

 

あとは最近お気に入りのお団子屋さん(LaLaportとも言う)にフラリ。

 

自転車に乗りながらのイヤフォン着用は禁止になってしまいましたが、私はiPhoneを胸ポケットに入れてスピーカーで鳴らしながら走っています。街中の音と好きなBGMとの不思議なステレオ感が快感。今日は久しぶりに“This is it”を聴いていました。でも、信号待ちで周りに人がいるとちょっと恥ずかしいのでスピーカーを手で塞いでトボケてます。

 

と、まるでブログのような雑記ですみません(笑)。

ついでにブログっぽく、最近はこのCMが好きすぎてハマっています。こういうのにとても弱いです、私。


週末のライブが続きますが、どれもこれも楽しく頑張りたいと思います。
それではまた!!

 

| 雑記 | 01:22 | - | - | |
月が照らす道

以前に少し触れました教則本の新刊「究極のドラム練習帳」が9月13日に発売となりました。
内容は2001年に初版が発刊となった「無敵のドラム練習帳」と同じですが、そこに何ページかの加筆をし、また書籍自体のサイズも少し大きくして読みやすくなっています。本当は、私の担当している教室、もしくは全国に広がるRCCドラムスクールに直接来て頂き、実際にコミュニケーションをとりながらのレッスンが理想ですが、誰もが簡単に叶うことではありません。この教則本が、今、ドラムに夢中になっている方にとっての新しい発見や進歩のヒントになれば嬉しく思います。
ちなみに、Amazonのドラム書籍カデゴリーでは、すでに“売り上げランキング1位”にもなったりしているようです。まぁ、ごくごく限られた分野ではありますが、それでもライバル本が沢山ある中での「1位」というのは嬉しいですね。本当にありがとうございますm(__)m。

 

 

で、今更ですが、こんな機会の時にでも紹介……ということで、私は東京の多摩市と埼玉の川口市で週5日ドラムスクールの講師をしています。各教室の詳細は、生徒さんのプライバシーや会場となる楽器店の様々な特色もありますので、この日記ではあえて書かないようにしていますが、日々のレッスン自体は、とても、かなり、いや、メチャクチャ楽しく行っています。「思いきってドラムでも始めてみるかな?」と思う方、また私の書籍で興味を持ってくれた方がいましたら、いつでも気軽にお問い合わせください。

 

そして、先日も書きましたGinzのNORIKOさんのバースデーライブ、これはもう本当に楽しみです。いくつかの演奏曲目が届きましたが、「おー!やるぞー!」な曲もあったり、「えっっっ!やるの(ToT)」みたいな曲もあったり、と私自身もワクワクしています。一人でも多くの方に聴いて頂けたら嬉しいです。ご予約はGinzまでとなりますが、是非是非お越しください!!

 

これも少し前に書いてご心配を頂いた楽譜ソフトのFinale2014問題。結論から言うと、もうEl Capitan単独への対応はしないようで、Appleの次世代OS“Sierra”からの仕切り直しになるそうです。はい、これでスッキリとモヤモヤしました(*_*)

 

さて、今回のタイトルは知る人ぞ知る?私の大のお気に入りの曲です。もう、その存在を知ってからずっと聴いています。私が世界一好きなバンド、Simply Redの“Stars”という名曲がありますが、これは“2016年のStars”と言っても過言ではないくらいの名曲でしょう。とは言っても、果たしてコレは世の中に出ているのかなぁ、いや、出ていないのか?……と、この中途半端な書き方でさらにモヤモヤしたまま今回は終わりにします☆

 

それではまた!

| 音楽 | 05:03 | - | - | |
今月のお知らせです

9月になりました。
なんかちょっと肌寒い瞬間もあったりで、着るものも気をつけないと風邪をひきそうです。

ちらっと今月の告知ですが、9月25日(日)はGinzのNORIKOさんのバースデーライブに参加させていただくことになりました。ご予約はGinzに直接となりますが、個人的にもとても楽しみなので、お時間があれば是非お越しください。

さて、2つ前のブログタイトルのテーマがsmapの“胸さわぎを頼むよ”だったのですが、1つ前の記事に出てきましたベーシストのウィル・リーさんは、その“胸さわぎを頼むよ”のレコーディング・ミュージシャンでもあり、す〜〜〜ばらしいベースで泣かせてくれます。そのsmapと先日のP☆B☆Pライブで大好評だった岡村靖幸さんがここに……不思議と繋がってます。

 

 

この時点ですでにゴタゴタだったと思われるsmapのメンバーですが、そんなことは微塵も感じさせない笑顔にしてしまうなんて、岡村靖幸さんの才能と、この曲のパワーは凄いなぁとあらためて思いました。全部見ても最高ですけど、3’48”〜はsmapファンなら泣いちゃいそうな笑顔がたくさん見られますね。

それではまた!!

| 音楽 | 04:13 | - | - | |
愛はおしゃれじゃない

序文(読まなくてもいいです…)

もう少しこまめに書きたいと思っていた8月後半でしたが、私が楽譜を書く時に使う“Finale”というソフトがグダグタで、もうそれこそ“イライラ”の日々でした。

具体的にボヤきますと、私の使っているMacBook Proを止むごとなき理由で最新のOSに上げたら、それまで使っていたバージョンのFinaleが動かくなり、泣く泣くの投資で最新版にバージョンアップ。ところが、MacOSの最新版ではFinaleの最新版がまともに動かないというアンビリーバブルな状態がずっと続いているようで、もうそれは見事にクラッシュの嵐。P☆B☆Pのライブの新曲レパートリー2曲をアレンジしつつ、楽譜を書いてメンバーに送らなくてはならないバンマスとしては、もう怒りを越えて焦りまくりの日々だったので、前回は「すぐに書きます」と言いつつ、なかなかこちらに手を付けられずでしたが……

 


8月28日
P☆B☆P今年初のライブ@Ginz、おかげ様で大盛況のうちに終わりました。お越し頂いた皆様、本当に本当に本当にありがとうございましたm(__)m。
いや、とにかく楽しかったです。客席の皆様の温かい拍手と声援がいつにもまして大きなエネルギーとなり、メンバーも調子に乗りまくり、終わってからの帰り道も「あぁ、いいライブだったなぁ、今日は……」としみじみ思えた幸せな日でした。
今だから言うと、私がVo.のgengenと今年初めて会ったのが8月18日の打ち合わせ。そしてP☆B☆Pのメンバーが全員が揃ったのは当日。どの場面でも「あけましておめでとう」という信じられない挨拶が飛び交っていましたが、、、、活動歴だけは豊富になってきたので、当日リハだけでビビッと感覚が甦り、さらにはカバー曲の2曲もとても楽しくなってしまい、その勢いで突入した本番も大成功だったと思います。
Ginzの歌姫、NORIKOさんにゲスト参加してもらった大好きなこの曲は、叩いていてもグッときました。
そして個人的に「P☆B☆Pの目指す理想のカタチ」とも思えるこの曲を大騒ぎで再現できたのが本当に楽しかったです。
次回はまだ未定ですが、決まりましたら告知いたしますので、またよろしくお願いいたしますm(__)m。


自分のドラムとGinzのドラムとをハイブリッドにした結果、あまりにも叩きにくくて楽しかったセット。

 

 


8月25日
葛城ユキさん@ブルースアレイ。こちらもステージ上の平均年齢から考えるとかなり危険な香りのする熱いライブでした。お越し頂いた皆様、ありがとうございました。終わってみれば久しぶりに血マメを3ヶ所も……なぜか若い頃からそういうハードな現場ばかりで揉まれてきたタイプなので、微妙に歳を重ねた今でもそんなステージができることがチョット嬉しかったです。
客席には昔も今も敬愛する“ゴタイゴ”のギタリスト・浅野孝巳さん、子供の頃に大好きだった「私のハートはストップモーション」の桑江知子さん、そして最高のアイドルだったフィンガー5の晃さんがご来場。晃さんには再び学園天国を歌って頂き感激の渦でした。特に「授業中ぅ〜天国だよ」の部分は、晃さんの声と私のバスドラムだけになる瞬間……。あのフィンガー5の晃さんの後でバスドラムを踏める日が来るなんて、ドラムを始めた頃には夢にも思いませんでしたね……。
次回の葛城ユキさんの東京公演は10月18日のブルースアレイです。本当にプロフェッショナルなカッコいいステージですので、是非お越しください。

 

こちらは安定のヤマハ“LIVE CUSTOM”。

今回チョイスしたヘッド、ASPR/ST-300Cとの相性も抜群でした。

 

 

なんとなく派手に見えるセットですけど、実はシンバルが多いだけです。


こうやって消すと…

普段、教室でレッスンしているのとまったく同じサイズのセッティングです。ま、これさえあれば何とでもなるんです。はい。

 

 

8月16日
矢野顕子TRIO@ブルーノート東京(もちろん客として参加)
夏休みの締めくくりとして「矢野顕子、ウィル・リー&クリス・パーカー」というメンバーによる素晴らしいステージを、前から2列目のど真ん中の席で堪能しました。


ドラマーである私がベースとかベーシストを大好きになってしまったのは、98%ウィル・リーさんのおかげです。この日の彼も本当に素晴らしかった。そしてドラマーのクリス・パーカーの奏でる一打一打に感激の嵐。今は若くて素晴らしいドラマーが国内外に沢山いて、もちろん私もチェックはしています。でも、自分がこれから10年、20年先もドラムを続けていきたいと考えた時に「こうでありたい」と思える具体的な目標は絶対に必要で、この日のクリス・パーカーさんはまさにその理想的なドラミングでした。終演後にはハチャメチャな英語で話しかけた私に、とてもジェントルに接してくれてまたまた感激。ウィル・リー&クリス・パーカーのリズムセクションが支えた’70年代前半のブレッカー・サウンドも大好きですが、2016年の彼らが作り出すサウンドも変わらず大好きなのです。

 

というわけで、今回は8月後半をタイムマシン方式で遡っての記述となりましたが、とにもかくにも、今は1日も早いFinaleのアップデートを心待ちにしている私でした。

 

そうそう、「P☆B☆P発祥の地」である多摩センターの駅はこんなことになってますね……

 

それではまた!!

| 音楽 | 04:31 | - | - | |
胸さわぎを頼むよ

この夏、世の中は色々と大きな出来事があります。
オリンピックもやっているのに高校野球もやっていて、陛下のお気持ちがあればsmapの気持ちもある。

 

オリンピックって、自分にはまったく関係のない世界ですけど、4年に一度しかチャンスが無いというのはどう考えても大変なことで、その一瞬のために4年間を費やすって凄いなぁと思ってました……昔は。
しかし、こうやって音楽の世界にいると、「4年に一度は目標やチャンスが巡ってくる」って羨ましいなぁとも感じます。

 

“Avid”という映像&音楽業界にはとても大きな存在の会社があるのですが、そのCEOが今月号のサウンド&レコーディングマガジンで語っていた内容が印象的でした。

今の音楽業界で1,000ドルを稼ぐには……
CDアルバムなら450枚
iTunesならば5,500曲
ストリーミングなら100万再生が必要。
ちなみにファーストフードで3週間アルバイトすれば1,000ドルになる

 

……では、話を変えて(笑)
smapが消えてしまうのはやはり残念。私は23歳の時、ローラースケートを履いた7人組アイドルのバックバンドでリーダーをやってまして、そのコンサート・ツアーの時にsmapの何人かはバックダンサーでいたはずです。その後、私の父親と同じ会社にいた木村さんという方の息子がデビューするらしいみたいな話を聞き、あとはもうこの25年でとんでもないことになりました。
そんなsmapの作品の中で、私の人生を支えたアルバムTOP10に必ずや入るのが、8枚目のアルバム「008 TACOMAX 」。とにかく本当に名曲、名演揃いで、今聴いてもまったく色褪せることなく心に染みるアルバムです。特に「俺たちに明日はある」、「それじゃまた」、「胸さわぎを頼むよ」の3曲は人生のテーマソングと言っても過言では無いかと。思いきりジャニーズのアイドルなのに、目の前からいなくなってもずっと聴き続けたいアルバムがあるって素晴らしいことだと思います。

 

つかの間の夏休みはこんな高原で、P☆B☆Pでいうところの“ソラハソラデ”な気分に浸りました。(28日のライブ来てください!)

 

台風一過の今朝は、大切な愛車で近所の公園まで軽くサイクリング(←かなり短距離)


気がつけば8月も後半……なのに、このスペースに何も書いていないということは、他に何か書いていたと思ってください。

また、すぐに更新します!

それじゃまた♪

 

 

| 雑記 | 12:50 | - | - | |
ラジオ体操第一(アカペラ)

第47回RCC研修会、無事に行って帰ってきました。
今年の会場は練習場、宿泊施設、食事などなどあらゆる点で100点満点の環境でしたね。講師陣にとっては微妙にドキドキの搬入&搬出もカラダに優しく、筋肉痛をまったく起こさずに終えることができました。色々と充実したプログラムがあったわけですが、なんだかんだで私が楽しかったのは朝の体操の時間。見ず知らずのドラマー達が朝の7時に山の麓にドドッと集まってアカペラで歌いながらラジオ体操……って不思議な景色です。こういう非日常的な時間も研修会の楽しさですね。参加してくださった全国の生徒の皆さん、どうもありがとうございましたm(__)m。

 

さぁ、明日は都知事選。もはや誰が選ばれようとどうでもいいです。こんなにどうでもいいような選挙になってしまったことが残念。個人的には“あの”読売新聞ですら書いたこんな記事の方が気になります。というか、これが現代の選挙システムの縮図でしょうね。うーん、選挙ってなんなんだ……(笑)

 

ホームページのライブスケジュール、少しですけど更新しました。どれもこれも楽しみです。まだ詳細が決まっていないものもありますが、10月、11月、12月、1月、2月と色々ある予定です。そちらはまたあらためてご報告します。

それではまた!

 

| 雑記 | 01:46 | - | - | |
ギンギラギンにさりげなく

7月16日
朝の五時起床。再び東京駅から“やさしい気持ちで”モードで滋賀県の米原に。
13時半と16時からと、2回のステージをビッチリと楽しく叩きまして、米原の駅を出発したのは19時。そして調布に22時着。お世話になっているGinzさんに駆けつけました。
マスターの銀士さん、ボーカルのNORIKOさん、最近お仕事を一緒にさせて頂いたベーシストの山内和義さん、そしてスーパードラマーの坂東慧君の演奏しているライブです。


私はセカンドステージの後半しか観られませんでしたが、それでも存分に楽しめたライブでした。とにもかくにも坂東君は圧巻。彼はT-SQUAREのメンバーですからフュージョンドラマーの印象が強くありますけど、“歌モノ”のバックも本当に素晴らしい。もう◯◯系ドラマーなんてカテゴリー分けする必要なく、スーパードラマーですね。ニューアルバムもその場でゲットしてサインも貰いました(笑)。


ちなみに、GINZのドラムセットに私が張っていったASPRのヘッドを叩き、坂東君が興味を持ってくれて連絡をくれたところからASPRの歴史も大きく進化!!この日も、連日多くのドラマーによって使い込まれているASPRヘッドのセットを使っていましたが、実に気持ちの良い音でアンサンブルの要となっていました。

 

 

で、今日のブログタイトルは?というと、8月にギンズで行われますP☆B☆Pライブの予約がさりげなくスタートしています……というイメージソングです。
あらためまして告知させていただくと

 

8月28日(日)
調布GINZ
18時45分開場
19時30分開演
Chage ¥3,000+1オーダー〜
ご予約はこちらから

という感じです。
ちなみに「ギンギンギンにさりげなく」はやりません。

 

さて、本日から3日間、第47回RCCドラムスクール夏期研修会です。各地の教室から参加してくれる生徒さん&講師仲間と、ドラマーだらけの環境で過ごす熱い3日間を楽しんできたいと思います。そちらのレポートはまた後日。

って、すでに集合時間が迫ってきました…(汗)
それではまた!

 

| 雑記 | 05:33 | - | - | |
やさしい気持ちで

時間が前後しますが……、今月の原稿書きも終わりましたので(笑)、研ナオコさんと野口五郎さんのコンサートで回りました西から東への5日間の記録を書いておこうと思います。


今回はすべて新幹線移動。
私の脳内には、新幹線に乗ってから外を眺めている時に頭の中で自動再生される曲があります。

 

昔々ならば山口百恵さんの
「あゝ、日本のどこかに〜私を待ってる人がいる」

 

で、ここ数年は
「顔も知らない 名前さえも知らない人が私を待ってる〜」

Superflyの“やさしい気持ちで”です。

(この時の“歌える女性ベーシスト”岩崎さん、カッコいい!!)

この曲は本当に名曲。詞も曲もアレンジも、Superflyの曲の中でダントツに好きです。
とは言っても、どちらにせよ「私」のことを待っている人がいるわけではないのがオチなんですけど(^^;、演奏の仕事で遠くに向かう時は自然とそういう気分で気持ちを引き締めます。


6月29日
というわけで、まずは神戸文化ホール。
神戸に来たのはとても久しぶりな気がします。

由緒ある会館での1日2回公演。平日にも関わらず2回とも大勢のお客様でした!素晴らしい。

その日の夜のうちに翌日の公演地である京都に移動。バンドメンバーと沖縄料理の店で酒宴でした。そう、なぜか京都で沖縄料理…。私も年間アルコール摂取量の基準値を超える梅酒ソーダ一杯を約2時間かけて飲み干しました…

 

 

6月30日
健康的に8時起床。きっとバンドメンバーの中でホテルの朝食を食べたのは私だけでしょう。そのまま午前中は京都駅前散策に。
知る人ぞ知る…、というか、知らなくてもいいのですが、「中野が本籍」だったとか言いながら、私は基本的に京都人だと思っています。父親は生粋の京都人で、私の幼少期の第一言語が京都弁で、親戚も京都にいて、“山本家”の本家も嵐山のそばにあるのです。というわけで、京都タワーに朝の9時から上りまして、その嵐山方面を見物しながらしばし心地よい空気を吸いました。


そしてお昼から会場入り。今年の1月にリニューアルしたばかりの旧“京都会館”、現“ロームシアター京都”です。いやー、とにかく立派なホール。客席はなんと4階まであります。さいたまスーパーアリーナでいう400レベルですね。

 

ステージ側から見れば壮観なんですけど、果たして「4階席ってどうなってるんだろう?」というのがリハーサルの時に気になってきて、リハ終了と同時に4階まで階段で駆け上がってみました。


「こ、こ、こ……怖すぎる……」


なんというか、手すりの高さも普通で、セーフティーな設備も特に無く、後ろからド突かれたら落ちる…、ヘタに身を乗り出したら吸い込まれる、その気になれば自分からスカイハイ……のどれもが現実に起こりうる“自己責任”的4階席でした。そんなわけで、この日も平日2回公演に関わらず4階席までお客様がいたのはとても嬉しいことですが…、会場を見渡すフリをしつつ、実は4階席の動向が気になって気になって…のドラマーでした。

 

7月1日
移動日

 

7月2日
山形のやまぎんホール(山形県民会館)に向かいます。山形もいろいろな仕事で何度か訪れていますが、以前、すごーーく美味しい蕎麦を食べた記憶と、打ち上げで泥酔した現地関係者の方にドギツく絡まれた記憶がごちゃ混ぜになっていて微妙な印象が…。しかし、今回は本当に温かいお客様とスタッフの方々で最高でした。


ドラムのヘッドはずっと使っていたASPRのPE-300Cから、ST-300Cにチェンジ。ASPRのヘッドは新品でもチューニングが決まるのが早くて本当に助かります。

 

その日のうちに福島に移動。バンドメンバーで“晩ご飯”という名の飲み会に繰り出し、色々なものを食べ、この日も梅酒ロックを一杯飲めてしまいました。もしや養命酒で少しずつ鍛えてきた成果ですかね…。

駅前のホテルは近くて便利でしたけど、枕元の時計は斬新でした。

何かが大当たりしたようなイメージですけど、結局この時は何時だったのでしょう?(笑)。

 

7月3日
というわけで福島県文化センター。こちらも立派なホールでお客様もギッシリ。4日間のうちで6ステージ目でしたけど、とても良いコンサートだったと思います。「がんばろう福島」なんて気軽には言えません。色々な問題と向き合いながら日々を戦っている方々に元気を頂きました。ありがとうございましたm(__)m。

 

 

この福島公演は比較的早く帰路につけたので立川に戻り、そのままステキなBARで行われていたライブへ。RCC出身で、今や超期待の若手ドラマーである山田玲君の演奏を聴きに行きました。

彼を初めて観たのは彼が高校生の頃でしたが、当時から衝撃的なドラマーでしたね。テクニックも優れていましたが、オーソドックスなことを叩いた時に漂わせる空気感やオーラが凄くてビックリした記憶があります。その後、彼が東京に出てきた時に多少の世話をし、私のライブの手伝いなんかもしてもらいましたが、今や、こちらが手伝いに行きたいくらいに成長していました。現在はジャズシーンのド真ん中にいますけど、「MISIAさんで叩く青山純さんが大好きなんです」という一面も持っているイイ奴なので(笑)、本当に幅広いフィールドで活躍してもらいたいドラマーです。皆さんもどこかで聴く機会があれば、是非、彼の素晴らしい音楽センスにブッ飛んでください(…とハードルを上げておきましょう・笑)。


さて、参議院選挙の経過〜結果は色々と思う所ありますが、とても意義深い選挙だったと思います。何といってもズッシリと重かったのは、沖縄や福島の人々が現職大臣を落選させたこと。
「本当の危機に直面している現場は、今の与党議員を必要としません」

そんなメッセージが聞こえてきた気がしますね。

 

そして都知事選はどうなるのでしょう。猪瀬前都知事の爆弾投下が凄すぎて、大手マスコミは何も追従できないのがすごい(汗)。なんだかとんでもない選挙期間になりそうである意味怖いですね。

個人的にはどの候補も当たり前みたいな顔をして口にする「待機児童問題」というのが、前々からどこか論点がズレてると思うんですけど、、、、ま、爆弾発言の連続となりますので、ここで書くのは自重しておきます。

 

では、今月の残りもレッスン、非公開のライブ、RCCの研修会、執筆&録音作業……、と休みなく忙しいことに、そして(とりあえず)健康であることをありがたく感謝しつつ頑張りたいと思います。


それではまた。

| 音楽 | 03:28 | - | - | |
究極のアイスと言えば…

神戸・京都・山形・福島……と、コンサートの記録を書き残しておきたいのですが、長文になりそう……なのに時間が無いので、先に書くべきことを書こうと思います。

 

まずは選挙。
この段階でマスコミはこぞって「与党優勢」という予測を報じています。
ここ何ヶ月かの議論や問題点を考えれば、せめて五分五分の予想であって欲しいと願うのですが、そうはいかないようですね。
私は今の総理がもう少し理性が働いて、一国の総理大臣としての品格がある人ならばなぁ…と思います。百歩譲って現政権の思想や政策がすべて素晴らしかったとしても、「この人を信じていいのか?」という不安な気持ちが先に立ってしまうのです。理由は色々とありますが、特に気になるのは総理の国会でヤジを飛ばす姿ですね。どうにも感情をコントロールできない無邪気な性格を見てしまうと「あぁ、このレベルの人が総理大臣なのか……」と落胆してしまいます。そして、こんな人がトップに立ち、周囲は自己保身のためにも「Yes」しか言わない人たちが取り巻いているという政権では、起こさなくていい戦争すら勢いで起こしてしまうような危険な国になっている気がします。
難しいのかも知れませんが、与党の目論見やマスコミの計算を覆すような高い投票率で、新しい風が吹くことを期待したいです。

 


さて、次はお知らせです。
もう関係者の方もこのブログから離れてしまったかも知れませんが、小さな声で叫びます。

8月28日(日)…P☆B☆PのGinzライブやります!!

昨日は七夕でしたけど、どなたかが…

 


















☆彡


と短冊に書いてくれたとの報告が天の川から届きました。
もしかしたら今年はこの一回かも…という七夕級のライブになると思います。と言っても変に力まず、楽しく、ノンキに、脳天気に、出演者もファンの皆様も近況報告を語り合うような憩いの場になればと思っています。もちろん、演奏は真剣にやります。ご新規様も大歓迎!! 詳細はまった追って告知させていただきますが、何卒よろしくお付き合いくださいm(__)m

 

 

さてさて、夏といえばシャービックですよね(笑)。

 


もうこの人生の中で“美味しい”と言われるアイスは相当に食べてきたと思います。しかし、この永遠のベストセラー、“シャービック”に勝てる美味はありません。私は水で溶くよりも牛乳派です。ダイソーで108円で買える小さな幸せです。イチゴ味を食べると次はメロン味を食べたくなり、その逆も然りです。今年は猛暑のようですが、皆様もシャービックのパワーで乗り越えてください。

 

一週間のうちに「64(ロクヨン)」の上下巻を読み、映画の前編後編も観てしまい、少し具合が悪くなるほどに疲れてしまった私でした。次回はコンサート記録をシッカリと書きたいと思います。

 

 

 

 

 

| 雑記 | 04:31 | - | - | |
SN NS

SN.........まずは15日、“SANTANA NIGHT”

無事に終了しました。お越し頂いた皆様ありがとうございました。

今回のリーダーである清水一雄さんのギターは本当に素晴らしく、あたかもサンタナが乗り移っているかのような熱演。また、他のメンバーの皆さんも激熱で、私も大いに刺激を受けました。

ある程度の予感はしていたのでTシャツ二枚と衣装2ポーズを用意していきましたが、健康的な汗(と冷や汗)で見事に使いきりました。「またやりましょう!」ということになりましたので、次回もご期待ください!
 

私は初めて出演させて頂いた銀座のZERO、とてもステキなお店でした。

そしてそして、私を待ち受けていたのは“ヤマハの黒”(笑)。これも歴史のあるメイプルカスタムで、心地よく演奏できました。

 

                                         

                                                 

                                                

NS.........18日の中野サンプラザも無事に終了。

どんなアーティストでも東京公演には独特の緊張感があるのですが、五郎さんとナオコさんの歌の素晴らしさ、そしてトークのハチャメチャ度……のとてつもないギャップで、ステージにいながらも最前列の客席で観ているような楽しいショーでした。


中野サンプラザは個人的にも色々な想い出がある会場です。子供の頃から両親に色々なコンサートに連れて行ってもらった“憧れのホール”としての記憶、いつしか自分自身も演奏の機会を与えられた“緊張のステージ”の記憶、また山下達郎さんのバックで叩く青山純さんを初めて観た”感涙のコンサート”の記憶……。その中野サンプラザが取り壊しになるということでなんとも淋しいことですが、もう一度この舞台で演奏できる機会が与えられたこと、しかも自分をドラマーの道へと導いてくれた大切な一曲を最後の最後に叩けて感無量でした。

    

客席側からの1シーン

ステージ側からの光景

   

で、、、あまり知られていないというか、どうでもいいことですけど、私の免許証に記載されていた本籍地は数年前まで中野でした。生まれてからごくごく幼少期は中野区で暮らしていて、本籍はずっとそのままだったのです。そんな意味でも、区役所の隣にあるサンプラザは特別な場所かも知れません。

一応、証拠…(モザイク内はご勘弁を…笑)

        

というわけでSNとNSは終わったわけですが、この絶妙なタイミングで地球のN極とS極が反転するというとんでもない噂(?)もあったりします。ポールシフトって言うんですね。これが本当だったらエライことですけど、世界情勢がどうであろうと、国の政治がどうであろうと、科学がいくら進歩しても、こういった地球の自然現象の前にはどうにも逆らえないし太刀打ちもできない。それだけはいつも覚えておかないと…と思います。

       

そのサンプラザの余韻を引きずりつつ、18日の夜〜深夜はとあるリハスタ。

そして19日の朝は朝6時半起床で久しぶりの小さなライブ会場へ…。若者達、みんな頑張ってるなぁ。元若者のこっちも負けていられません!!

      

ちなみに19日は父の日。父の日って山本家は基本的に無いのですが(笑)、我が家の2号が「この本読みたいなぁ」とポツリと言っていた大好きな作家の本を突然贈ってくれました。最近は小さい文字が本当に読めなくなって読書も遠ざかっていましたが、これは頑張って読破したいと思います!

次のコンサートは
6月29日 神戸
6月30日 京都
7月2日 山形
7月3日 福島
と続きます。KKYFです。ってもうやめましょう、こういうの…。

では、また!

| 音楽 | 06:09 | - | - | |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE